函南の週末住宅

  • <
  • 竣工:1988年9月
  • 建設地:静岡県田方郡
  • 規模:地上2階
  • 構造:鉄筋コンクリート造+木造
  • 敷地面積:480.0㎡(約145坪)
  • 建築面積:81.5 ㎡(約25坪)
  • 延床面積:129.2㎡(約39坪)
  • 施工:山田工務店
  • 設計:野沢正光建築工房
  • 構造:コジマ設計
  • 掲載紙:「住宅特集」1989年8月号(新建築社)
主旨
首都圏からごく近い熱海近傍の丘のほとんどは,以前から別荘地開発の波に洗われている.
この住宅への導入路である熱函道路から,景色が開けたときに見渡せる山々には数々の小型の住宅の点在するのが見渡せるし,それらのひとつひとつは斜面に足を長くのばすことにより木々の頭を超えて,富士を見るべく背伸びをしているのが確認される.
この住宅も,そうした古く開発された別荘地の中にあり,北向きのかろうじて富士の見える斜面にある.敷地は約30度の勾配地であり,立木はこの区画のみだいぶ以前に取り払われたらしい草地であり,僕には夏のスキー場のミニチュアを思わせるものであった.そういえば,初めてここを訪れたときのこの土地には,木製の簡易な展望台が設けられており,それは,ここに家を建てればこの通り富士が見えますというための道具としてのものであったが,このことも先の連想と少し関連があるのかもしれない.
土地は南北に長く,しかも急勾配である.このため家は先述のごとく,どうしても長い足による背の高いものになる.このことのつじつまを合わせることが,当然この計画の最大の眼目であったが,これは一方で極力地中に埋め,もう一方で極力劇的に足を長く見せることによって対応する結果となった.
「埋没」は1階のほぼ半分におよび,それにより土中に切り下げられた中庭が居間を極端に大きなものとして,見せる効果を生んでいる.つまり,中庭と居間を一体的に連続するコンクリート壁の効果,居間から外部に向かってそれがパースペクティプになっていることの効果などがその仕掛けなのだが,居間の空間は広く奥行のあるものとなった.2階は一列に3つの寝室が並び,南に和室,後のふたつがきっちりした寸法のツインルームとなっており,富士の見える北端にバスルームがある.このためバスルームは極端に長い足の上に置かれたことになり,富士が見えるこのバスルームのありようの「非日常」がこの週末住宅の最大の売りになっている.これはこの勾配に,この大きさの住宅を計画することから当然起こる難問への処方の結果であり,間口の一番狭いバスルームを一番北にとることは,この住宅を塔のごとく見せるための仕掛けでもあった. 横浜に住むこの住宅の主人は,週末ごとに友人を招き,ここでの生活を楽しんでいる.ごく都市に近い週末住宅の装備は,都市での生活にごく近いそれとなる.この住宅はそうした意味で真に毎週毎週の週末住宅として機能するためのものとして計画され,そのように利用されている.  
  • <

TOPへ